高血圧や心臓病・腎臓病の治療に役立つディオバン

ディオバンは、ノバルティスファーマ株式会社が製造・販売を行っている医薬品です。

効能としては、血圧を下げる効果が知られています。

ARB、日本語名ではアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬に分類されています。

これは、人の体内に存在しているアンジオテンシンⅡというタンパク質と受容体とが結びつくのを阻害する効果がある薬という意味です。

なぜ、アンジオテンシンⅡと受容体との結合を阻害する薬によって血圧が下がるのかと言えば、アンジオテンシンⅡが血管の収縮や腎臓でのナトリウムや水分の排出に深い関わりのある物質だからです。

この物質は、受容体と結びつくと血管を収縮させる上、腎臓でナトリウムや水分が排出されるのを抑えて血液の量を増やす効果を発揮します。

血液の通る道は狭まっているのに通る血液の量は増えるわけですから、当然血圧は上がることになります。

つまり、血圧が高い状態というのは、アンジオテンシンⅡが受容体と結びついている状態だと言えるのです。

この状態で、ディオバンを服用しアンジオテンシンⅡが受容体と結びつくのを邪魔することができれば、血管の収縮効果が発揮されることがなくなるので血管が拡張しますし、腎臓からナトリウムや水分が排出されて血液量も適度な量になりますので、血圧も下がるというわけです。

血圧を下げる薬なので、最も基本的な利用目的としては、高血圧の治療が挙げられます。

ただ、それだけではなく、血圧が下がると心臓にかかる負担も減らせるので心臓病の治療や予防目的でも利用されるのです。

また、虚血性以外の腎臓病の治療にも役立てられています。

ディオバンの服用方法と副作用

ARBであるディオバンの利点としては、服用後に薬の効果が長く続くので、服用は1日に1回のみで済むのでとても手軽なことが挙げられるでしょう。

また、従来血圧を下げるのに利用されてきたACE阻害薬に比べて、副作用が起きにくいことも利点として挙げられます。

特に、咳に苦しむことになる可能性は、ほとんどありません。

副作用が出にくいと、長期にわたって利用する場合でも安心できて良いでしょう。

ただし、飲み合わせに注意が必要な薬が多く存在しており、きちんと配慮して服用しないと副作用が起こる危険性が高まってしまいます。

具体的には、降圧作用がある他の薬やカリウムやリチウム濃度を上げる薬などと併用するときは、血圧の下がりすぎや高カリウム血症・リチウム中毒にならないよう、服用量に気をつけることが重要になるのです。

ディオバンに含まれるバルタンサンとは?

ディオバンは高血圧の治療に使われる薬です。

ディオバンというのは商品名で、含まれているのはバルサルタンという名前の化合物です。

この薬がどうして高血圧に用いられるのか、どうして効くのかを説明するには、どうして高血圧になるのか、血圧が上がる仕組みを理解する必要があるでしょう。

高血圧は、自覚症状はほとんど何もありませんし、短期間でしたら別に体に悪い影響を与えることもあまりありません。

しかしもちろん、高血圧という病気が、まるで風邪か何かのように短期間で発症しすぐ回復するということは事実としてありません。

そして、長期間にわたり高血圧が継続することで、例えば脳卒中や狭心症という、生命予後に直結するような合併症を引き起こす可能性が高くなることが分かっていますので、これまでも高血圧については様々な研究が行われてきました。

その結果、アンジオテンシンⅡと呼ばれる物質が、血管に作用し、収縮させる働きを持っていることが分かりました。

ということで、血圧を下げるためには、何とかしてこのアンジオテンシンⅡの作用を止めてやればよいということになります。

その方法としてはいくつかが考えられます。

例えば、アンジオテンシンⅡが作られないようにすることができないかを考えるのも一つの方法です。

実際、この考え方でもって作られ、発売されている薬もあります。

いわゆるACE阻害薬と呼ばれている薬がそれで、アンジオテンシンⅡを作るための酵素の働きを阻害する薬です。

アンジオテンシンⅡが働かないようにする薬ディオバン

ディオバンはACE阻害薬とは考え方、コンセプトが異なります。

アンジオテンシンⅡが作られないようにしようとする薬ではありません。

できてしまったアンジオテンシンⅡが働かないようにしようとする薬です。

アンジオテンシンⅡが血管に作用する場合、具体的には血管にあるレセプターと呼ばれる部位にアンジオテンシンⅡが結合します。

この結合がシグナルとなって、血管が収縮するようになっているのです。

ですから、このレセプターにアンジオテンシンⅡが結合しないように塞いでしまえば、血管の収縮は起こりません。

このレセプターのことを、そのままですがアンジオテンシンⅡレセプターと呼びます。

ディオバンはまさにこのレセプターを塞いでしまうタイプの薬であり、アンジオテンシンⅡレセプター阻害薬というものに分類されています。

ちなみに細かく言えばこのレセプターにはタイプ1とタイプ2の2種類あり、血管収縮により関係しているのはタイプ1で、ディオバンもそのタイプ1のレセプターを阻害する薬です。

血圧の高くなる仕組みと高血圧による症状

血液が流れるときに血管の壁に圧力がかかります。

この圧力が血圧です。

心臓から血液が送り出されるとき血圧は高くなります。

これが最高血圧(収縮期血圧)です。

その後心臓が拡張すると血圧は低くなりこのときの血圧が最低血圧(拡張期血圧)です。

血圧計で血圧を測るとき表示される二つの血圧がこれら二つです。

健康診断で高血圧と診断される人は少なくありません。

血圧の正常値は最高が140以下最高が90以下ですが年齢が上がるとそれ以上の高い数値を示す人は増えてきます。

高血圧は自覚症状がほとんどありません。

しかし、放置しておくといろいろな合併症を起こすことがあります。

生活習慣を変えて高血圧症を改善する

高血圧症を改善するためにまずしなければならないことは生活の改善です。

適度の運動を毎日心がけます。

食事では塩分の量を控ます。

食事の量も少なめにし肥満にならないよう注意します。

アルコールも適量摂取を心がけます。

睡眠は十分とり寝不足にならないようにします。

ストレスのかからないよう注意することも大切です。

このように自分でできる改善を行っても血圧が下がらない時は医師の診断を仰ぎ降圧薬を処方してもらいます。

降圧薬について

降圧薬にはいくつかの種類があります。

血管を拡張させる働きのある降圧薬にはカルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、α遮断薬があります。

血流量を減らして高圧する薬には利尿薬、β遮断薬などがあります。

降圧薬を使い始めるときはまず1種類の薬から始めます。

ディオバンはアンデシオンⅡ受容体拮抗薬に分類されます。

ディオバンは血圧を下げる効果が高く、臓器の保護も期待できる優れた薬です。

副作用としては体のだるさやめまい、頭痛などが報告されていますがこれは本当にまれなことです。

服用は1日1回なので負担がかかりません。

ディオバンを開発した製薬会社

この薬はスイスのバーゼルに本社のあるノバルティスファーマ社が開発し、1996年にドイツで承認されてから世界の薬100か国で使われています。

日本でも2000年11月から発売されています。

製品としてはディオバン錠20ミリグラム、同40ミリグラム、同80ミリグラム、同160ミリグラムの4種類があります。

優秀な薬ですが2003年にこの高血圧治療薬の臨床研究事業にノバルティスファーマ社の社員が身分を秘匿して関与していたことが発覚し問題となりました。

薬の有効性には全く問題はないのでその当時服用していた患者にマイナスの影響はありませんでした。